山本美文シェーカースタイル展

「美は有用性に宿る」
シェーカーのことばのひとつです。
暮らしの必要から生まれた道具は祈りにも似た素の形。
山本美文さんをはじめ異素材の7名の作家が
シェーカースタイルから学び
それぞれの解釈で新たに道具を作ります。
美しいシェーカースタイルの暮らしを感じてください。

DSC_0222.jpg

参加作家:
・山本美文 木工
・池田かよ(zaza chapeau) ぼうし
・大鹿裕之(オントルポ) 竹かご
・坂野友紀 調理器具
・高木将吾・陶子(一粒舎) 革かばん
・平澤まりこ イラスト
・松下宏樹・彩(Forest shoemaker) 革くつ
・米田恭子(Jikonka) 服

シェーカースタイルカフェ
10月20日(土)11:30〜17:00
桑原奈津子さんのシェーカーにちなんだお菓子と
Jikonkaのドリンクをお召し上がりいただけます。

DSC_0221.jpg

zazaCHAPEAUの帽子・Forestshoemakerのブーツ・Jikonkaの服
文献を参考に忠実に再現されています。

DSC_0227.jpg

Jikonkaオリジナルリネンクロス
JikonkaのJの刺繍入り。

DSC_0229.jpg

山本美文 木の器とカトラリー
オリーブから作られたカトラリーは堅くて丈夫。でも口あたりは木の温かさがあります。

DSC_0234.jpg

一粒舎のかばん
壁にかけられる道具入れはシェーカーの暮らしを想像して形にしていただいたもの。必要を形にするシェーカーのものづくりを感じます。

DSC_0239.jpg

オントルポの竹かご
真竹の青々とした色も清々しいですが、時とともにあめ色に。

DSC_0241.jpg

坂野友紀 洋風スプーン&フォークに真鍮おたま
プレートの真ん中にカトラリーをクロスしてセットするのがシェーカースタイルだそうです。

DSC_0242.jpg

平澤まりこポストカードと山本美文シャーカーカードボックス
美文さんとのコラボはオーバルカードボックス。平澤さんのサイン入り。

開催期間2012年10月19日(金)〜30日(火)
開催場所Jikonka TOKYO
〒 158-0081東京都世田谷区深沢7-15-6(Map
定休日水曜日、木曜日
お問い合わせ03-6809-7475

Page Top