FOOD VISION 茜染めワークショップ

2013年11月2日(土)13:00〜17:00
Jikonka SEKI カフェスペースにて
参加費4,500円(ヘンプコットン手ぬぐい等材料費、お茶、お菓子付)
定員15名(要予約)※定員となりました。

冨貴工房主宰 冨田貴史さんをお迎えし、草木染について、
茜について、衣服の自給についてのお話を伺いながら、
茜染めを実践してみましょう。

〇茜染め
「衣服は大薬」という言葉があるように、服は薬です 。
皮膚から直接、びわ、ちょうじ、藍、茜などの薬効を
取り込むことを「服用」と言いました。

本来衣服は、作って、着て、薬効が落ちてきたら染め直し、
長年大切に使われてきました。
大地に根ざす茜の根は、下半身の保温力を高め、
免疫力、解毒力を補ってくれます。

今回は、放射能時代に必要と思われる薬効を多分に保持する茜染めを通じて、
衣服の自給、そして衣服を大薬として捉える感覚を
共有できたらと思います。

〇冨田貴史プロフィール
千葉県出身 京都府在住
冨貴工房主宰。 旧暦、地球歴、生物多様性、お金、原発、
エネルギー、腰の健康、ふんどしなどをテーマにした
ワークショップを全国各地で年間200本以上行うファシリテーター。
鎌仲ひとみ監督の『六ヶ所村ラプソディー』を
全国120か所で上映し、同監督の『ミツバチの羽音と地球の回転』の
制作に携わる。

お問い合わせ、ご予約は
お電話またはメールにて承ります。

開催日時2013年11月2日(土)13:00〜17:00
料金4,500円(材料費・お茶・お菓子付)
講師冨田貴史
開催場所Jikonka SEKI
〒 519-1112三重県亀山市関町中町596(Map
お問い合わせ0595-96-3339//seki@jikonka.com

Page Top