Food Vision おいしい雑穀のおはなし

料理教室 桂樹庵主催の岡田桂織さん、
宇気郷で時芽輝農場をされている池添友一さんをお迎えして、
雑穀について学びます。

雑穀とは、アワ、キビ、ヒエなどのイネ科の穀物の総称(豆類を含む場合もあります)。
「五穀豊穣」という言葉があるように、
日本人の先祖は米以外にも多くの雑穀を食べていました。
縄文時代前期(今から約5千年前)には、日本でもアワ、キビ、ヒエ、ハト麦、モロコシ、 シコクビエなどが栽培され、稲作の前には雑穀栽培されていたと推定されています。
現代ではアトピーの除去食や健康食、ダイエット食として注目を集めていますし、
未来を見据えて食糧危機を乗り切る為にも穀物の多様化を考えなければなりません。

このちょっと気になる雑穀のお話と、生活に取り入れる為の工夫を
おふたりに伺いたいと思います。

おふたりの雑穀料理のデモンストレーションも、一品ずつあります。

出来上がったお料理と他二品、汁、飯を皆さんでいただきましょう。

定員12名さまです。 ぜひ、お越し下さい。

<プロフィール>
岡田桂織
穀物、野菜、海藻、乾物を
海の塩と伝統の調味料を使って調理する料理教室を運営。
動物性のもの、砂糖、電子レンジは使いません。
全国各地で穀物菜食料理教室を開催し、
食育の講演会などでも活躍。
料理を通して健康と平和を考えるお話も伺えます。

池添友一
以前、宇気郷にあった菜食レストラン「わらっぱ」の元シェフ。 現在、あるがままの自然農法で野菜や穀物をつくる。
その他、保存食・自家製糀に自家製味噌・天然酵母パン、家づくりなど
暮らしすべてを自ら作られています。
季節ごとに日本各地に旅に出て、
在来種の種を守る活動もされています。

お問い合わせ、ご予約は
お電話またはメールにて承ります。

開催日時2013年7月7日(日)11:00〜14:30
料金3,500円(雑穀ごはんランチ・お茶付)定員12名
開催場所Jikonka SEKI
〒 519-1112三重県亀山市関町中町596(Map
お問い合わせ0595-96-3339//seki@jikonka.com

Page Top