EVENT/LESSON

MARKET
2016.05.10

三重オーガニックマーケット・植松良枝さんのワークショップ

三重オーガニックマーケット・植松良枝さんのワークショップ

今週の三重オーガニックマーケットでは、料理研究家の植松良枝さんをお迎えし而今禾ブースにてワークショップを行います。
4月に冨田貴史さんとの共著『春夏秋冬 土用で暮らす。』を出版された植松さん、著書の中では自然と共にある暮らし方を提案、またご自身ではライフワークとして長年自家菜園で野菜を育てられたりと、その活動は多岐に渡っています。

今回のワークショップでは、Jikonkaオリジナルの三重県産の小麦粉をしようした「伊勢うどん」と「パンケーキ粉」を使って、植松さんに伊勢うどんのトッピングとパンケーキのプレートをご提案いただき、参加者で試食を行います。
それぞれのレシピに使用する食材はマーケットの出店者(生産者)によるもので、日頃植松さんも愛用されている食材もたくさん使用します。
どんなレシピが飛び出すか、また食材や調理などにまつわる植松さんのおはなしなどもぜひおたのしみください!
皆さまのご参加をお待ちしております。

〔開催日時〕
2016年|5月14日|土|12:00頃から

〔場所〕
三重オーガニックマーケット会場、而今禾ブース
(三重亀山市関町新所町1173-2 関地蔵院内)

〔参加費〕
680円
(Jikonkaオリジナルのパンケーキ粉・200g×2袋入りをお買い上げいただきます)

〔植松良枝さんプロフィール〕
日本の四季に寄り添った、季節感あふれる食と暮らしの提案をしている料理研究家。
食材の原点を見たいとはじめた野菜作りはもはやライフワークとなり、年々進化する菜園から得られる喜びは、野菜の収穫以上に実り多いものとなっている。
旬の野菜をたっぷりと使った料理や、これまでに旅をしてきた世界各国のエッセンスを取り入れた料理はセンスの良さで定評がある。
料理教室を主宰するほか、雑誌、テレビ、webなどで活躍中。
公式ホームページ:日々の飯事(ままごと)http://www.uemassa.com